ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

市販薬ODで幻覚を見たい…と思うその前に何があったのか


こんにちは、スタッフのアユです。市販薬ODを行う若者たちの「楽しみ」のひとつに、「幻覚を見ること」があると言います。危険性が露呈しつつある昨今、間違った情報をうのみにしてそれらを試し、ハマってしまう人々を減らすこと、阻止することは私たちの責務と言えます。

◆市販薬ODについてまとめて読みたい方はこちらのページがおすすめ
 ⇒市販薬ODブログまとめ

幻覚見たさに市販薬を過剰摂取してみる

私が薬物リハビリ施設のスタッフとして、薬物の勉強をし始めた頃、海外では「オピオイド系」の薬の乱用が問題となっていることを知りました。
オピオイドとは、簡単に言うとアヘン系の薬物で、アメリカでは処方薬(鎮痛剤)として人々の手に渡ることが多く、この乱用が問題になっているとのことでした。
日本では「オピオイド」と言うと、あまりなじみのない響きかもしれませんが、「モルヒネ」は聞いたことがあるかもしれませんね。強力な鎮痛作用を持つ、依存性の高いアヘン系の麻薬です。

なぜこの話をしたのかというと、それは、これらと似た構造を持つ成分、コデインが日本の市販薬にも入っており、その「効果」を狙ってODするケースがあるからです。
また、ODすると幻覚作用を引き起こす市販薬として名前が挙がっているものもあります。

この中に入っているデキストロメトルファン(DXM)が、幻覚作用を引き起こし、それを体験して病みつきになってしまうと言います。
見えないものが見える、音が見えるなど、知覚にも不気味な変化をもたらします。
そしてそのクスリが切れた時、待っているのは地獄のような苦しみです。

参照URL:EPARKくすりの窓口 – 市販で買える咳止め薬コデイン。薬物依存を防ぐには?専門家に頼ろう
関連ブログ:【代表ブログ】市販薬による薬物依存を疑うご家族へ~コンタック編~

現実から逃れたくてOD…幻覚と市販薬

そもそも市販薬は、そのような用途のために作られたのではありません。
人間の病気の症状を和らげるため、人間の役に立つために生まれました。
現実から逃れたい、メンタルがヘタっているときに、これを飲めば治るという代物ではありません。

しかし、誰かが使用方法とその目的を誤ってしまいました。
そして、それは「良い気分」を味わえるものという情報が広まり、市販薬は間違った方法で使われるようになってしまいました。

薬物に逃げる前に、そこにあった問題とは何だったのでしょう?
何から逃げる必要があり、なぜそれは起こったのでしょう?
市販薬ODによる「良い気分」を味わった後、その問題は解決したのでしょうか。

確かにそれは、「良い効果」を一時的にもたらしたかもしれません。
ODをすることは、結局はあなたのためにはならず、むしろ問題を倍増させます。一時の快楽を得るためにこの方法を選ぶのは、あまりにリスクが高すぎるのです。

関連ブログ:市販薬ODでトリップすることの何が悪いの?

幻覚とサヨナラ 市販薬ODやめたいと思うなら

薬物は市販薬であれ、違法薬物であれ、アルコールであれ、やめようと思ってもなかなかやめることができません。
一般社会では、それを「意志が弱いからだ」「ふざけているだけだ」「自分でやめたいならやめればいい」と簡単に言うのかもしれませんが、なかなかやめられないことは、あなたの意志を越えたところにその理由があります。

薬物とは、依存性をもたらすものです。

あなたが「もうやめる」と言った時、おそらくそれは本当の気持ちだったでしょう。
しかし、すでに取ってしまった薬物の影響が、それを難しくさせます。
「やめる」と言ったのに一向に止められないその姿を見て、ご家族や周りにいる方々は失望し、疲れ果ててしまいます。

ナルコノンでは、一人では立ち向かうことが困難であるこの依存の問題を、チームで取り組むことで解決します。

離脱症状がひどいとき、それをケアするスタッフがいます。
すでに取ってしまった薬物を、クリーンにする技術があります。
薬物のない環境の中で、社会復帰に向けた勉強をすることができます。

依存者ご本人のみならず、そのご家族の明るい未来をも達成するために、サポートを行う場所です。

ご自身の依存に危機感を覚えている方、どうしたらやめられるかと一度でも考えたことのある方、ご家族をなんとか助けたい方、ご家族だけでは処理しきれない問題になっていると感じている方、解決策はここにあります。
専門家のサポートの元で、離脱症状を最小限に抑えて薬物をやめましょう。

まずは、ナルコノンにご相談ください。スタッフが親身にお答えします。

※市販薬は薬剤師・登録販売者の指導の下、適切に使用してください。

◆市販薬ODについてまとめて読みたい方はこちらのページがおすすめ
 ⇒市販薬ODブログまとめ

    ご相談・お問い合わせフォーム

    すべての項目にご記入ください。なるべく早く折り返しのご連絡をさせていただきます。

    名前
    メールアドレス
    電話番号
    都道府県
    ご相談/お問合せ内容

    プライバシーポリシーに同意の上送信