ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【代表ブログ】市販薬による薬物依存を疑うご家族へ~コデインとは~


市販薬でドラッグとして用いられるものの1つが、コデインかもしれません。コデインは咳止めとして利用されています。ブロンやアネトン、パブロンゴールドに含まれています。これは、使い方を間違えると非常に危険なものになります。

なぜコデインが薬物として使用されるのか?

コデインは、痛み止めや咳止め作用のある物質です。リン酸コデインとして、痛み止めや咳止めとして用いられます。
また、コデインから製造したジヒドロコデインとして、咳止めとして用いられます。コデインは、アヘンから抽出された物質で、その代謝産物の約10%がモルヒネです。なぜ、これらがドラッグとして使われるのかは、その化学構造式の形を見てみるとわかります。

形がとても似ていますよね。形が似ている物質は、体内でも似たような作用を引き起こします。

このコデインと似た構造式の形をヘロインは、キングオブドラッグとも呼ばれています。
そう呼ばれる理由は、快楽性、精神的依存、身体的依存が最も高い麻薬だからです。
ようするに、最も危険な麻薬なのです。

出典:ウィキペディア『ヘロイン』より

映画「ホームアローン」シリーズで有名になった子役、マコーレー・カルキンが依存した薬物としても有名です。モルヒネ、ヘロイン、コデイン、リン酸コデイン、ジヒドロコデイン、これらは同じ仲間のようなものです。

ダウナー系の作用とは

モルヒネ、ヘロイン、コデインは、麻薬の分類の中ではダウナー系と呼ばれます。
これを取ると、強い幸福感が得られ、リラックスしたように感じるものです。

このリラックスしている状態は、違う言い方をすると、思考能力が低下しているということです。身体が休まったような感覚と眠気が起こり、身体がポカポカし、落ち着いてきます。
これらは中枢神経が抑制された状態であり、薬物が体内に残り続ける限り、この状態が続きます。

しかし、体内から無くなるとその反動で、全く逆の状態を引き起こします。
嘔吐、腹痛、全身の痛み、また、血圧が上昇し、身体が極度の緊張状態になります。

この状態をなんとかするために、また服用する…これを繰り返していくことにより、依存の状態が生まれます。

ヘロイン中毒の方の場合は、離脱症状で鼻血が出たりと、かなりひどい状態が起きる可能性があります。ヘロイン中毒でインターネット検索してみると、かなり過激な画像、映像が出てきますが、そこには真実があります。

コデインでは、ヘロインほどひどい状態は起こらないかもしれませんが、いずれにせよ、薬がないと日常生活が送れなくなっていくという点では同じと言えるでしょう。

より刺激を求め、さらに危険な薬物に手を出す可能性も否定できません。
まだ、間に合うかもしれません。間に合ううちに解決しましょう。まずはナルコノンにご相談ください。

    ご相談・お問い合わせフォーム

    すべての項目にご記入ください。なるべく早く折り返しのご連絡をさせていただきます。

    名前
    メールアドレス
    電話番号
    都道府県
    ご相談/お問合せ内容

    プライバシーポリシーに同意の上送信