ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

ドラッグやってる友達を助けたい…家族が気づかないなら


こんにちは、スタッフのアユです。
ドラッグをやっている人に、必ずしもすぐにご家族が気づくとは限りません。周りにいる友達の方が先に気づくということもあります。友達の様子が変わってしまった…家族には秘密にしてほしいと言われた…そんな時、あなたはどどうしますか?

”ドラッグやってる”と言っても…流行する市販薬依存や乱用

ドラッグというと、すぐに思い浮かぶのは覚せい剤や大麻などの違法薬物かもしれません。
私が小学生の時は、地域の方が「ダメ、ゼッタイ」の標語を掲げて(警察の方々だったかな…)学校に出向いて反薬物の講演をしてくださったのを覚えています。

「覚醒剤は絶対にダメ。脳だけでなく人生をダメにしてしまうから。
1回だけなら大丈夫…みんなそこから始まるのだから、絶対にダメです。」

違法薬物は良くないものだと、小さい子どもたちもシンプルに学びます。

しかし最近は、合法に売られている市販薬を乱用するケースが、特に若い世代に蔓延しています。SNSのハッシュタグでは、処方薬に関する隠語を見つけることもできます。中でも多いのは、咳止めシロップや風邪薬の乱用です。

関連記事:【市販薬乱用】パブロンのODのやり方をシェアする若者たち
関連記事:ブロンは薬の中でもメンヘラが飲むって誰が言ったのだろう

(インスタグラムの投稿の一例)

市販薬をまるで違法薬物かのように乱用する人々がいます。市販薬だから怪しまれずに購入できてしまいます。

違法薬物も市販薬も、まったく一人で乱用を突然始めるのは不可能です。例えインターネットで探して密かに買ったものだとしても、薬物が誰かの手に渡るまでには、他の人の手を渡り歩いていることを忘れないでください。

そして、それに関わる人々は、本来は人間の役に立つはずだった処方薬や市販薬を、違う用途に使うことで価値を貶めている人たちだということも忘れてはいけません。

友達のドラッグ使用…大したことないと“物わかり良く”ならないで

あなたの周りにいる大切な人が、薬物をやっていることを知ったのなら、それに対して変な意味で、物わかり良くなってはいけません。

  • 人生にはそんな経験も必要だ
  • アブナイことの1つや2つやっとくべきだ
  • ドラッグなんてみんなやってる

…世の中にはこんな愚かなことを言う人が実際にいます。いったい何人の人たちがこのような言葉に騙されて命を落としてきたのでしょう?
そんな人たちの言うことなど、ゴミ箱に捨ててしまいましょう!

ドラッグに手を染めてしまった後は、自分ひとりでやめるのはとても辛いことになります。もしあなたが、友だちを助けたいと思ってこのブログを読んでいるなら、ぜひ助けを求めてください。
その友達の家族や、周りにいる他の人々は、単純にまだ気づいていないだけなのかもしれません。

友達には、ドラッグをそもそも使い始めたきっかけがある

冒頭にも書きましたが、ドラッグを始めるときは、まったく一人きりで始めることは不可能です。
物理的には、ドラッグを持っている人がおり、それをやり取りする人がいて、なんらかの経路を通って使う人のところまで届きます。

そして心理的には、ドラッグを乱用しようと思う前に、むしゃくしゃすることがあったり、忘れたい何かが起こったり、自暴自棄になるようなことが起こっています。
その問題から目をそらすために、その問題から逃げるために、その問題を無きものにしようとして、ドラッグが良い逃げ道となります。

自分は薬物に侵されても良い程度の人間だと思い込み、自分自身を誇りに思うことや、自信を持つことなど忘れてしまいます。

誰もが、幸せに生きるために生まれてきました。
価値のない人間などいません。

ナルコノンで、自尊心を取り戻しましょう。

処方薬の乱用でお困りの方、そのような方を知っている方も、今すぐご連絡ください。スタッフが丁寧に対応させていただきます。

関連記事:処方薬のODや乱用をブログにする若者たちへ
関連記事:【市販薬・処方薬乱用】OD、アッパー系…まるで違法薬物?

    ご相談・お問い合わせフォーム

    すべての項目にご記入ください。なるべく早く折り返しのご連絡をさせていただきます。

    名前
    メールアドレス
    電話番号
    都道府県
    ご相談/お問合せ内容

    プライバシーポリシーに同意の上送信