ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

薬物やめた!そのビフォーアフターを見てみましょう


こんにちは、スタッフのアユです。以前のブログで、薬物を取る前と取った後の、恐ろしいビフォーアフターについてご紹介しました。でもこの世には、薬物の影響から脱した人たちもいます。今日は、ナルコノンプログラムの終了者本人の写真と、その感想をご紹介します。

(以前のブログ「薬物使用者のビフォーアフターを見てみましょう」もぜひご覧くださいね。)

薬物で壊れた自分…ビフォーアフター from アメリカ

自分がナルコノンに来る前の写真と今の写真の違いを見て、自分がこんなにも短い期間でどれだけ進歩したかを実感しました。
ここに来る前にいたのは、暗い場所だったことを思い出しました。
自分を見失い、壊れていて、閉じ込められているように感じていました。

この2ヶ月間、私は自分自身を見つけ出したような気分です。今までの人生の中で、今が一番自分らしいと思います。
以前の自分とは全く違う自分、もっと良い自分になれたので、以前どんなだったかを忘れてしまうくらいです。

もしナルコノン・オハイに来ると決断してなかったら、今の自分はどうなっていたかわかりません。自分の人生を取り戻せたことに感謝しています。

―J.R. ナルコノン・プログラム終了者(アメリカ、オハイ)

(※ナルコノン・オハイのインスタグラムより引用、翻訳しています。)

薬物、逮捕、過剰摂取からの復活ビフォーアフターfrom アメリカ

薬物を一切取らなくなって366日目、今これを書いています。僕には多くの変化がありました。
14回の逮捕、10回のリハビリ、4回のオーバードーズ(過剰摂取)から1年でこのような状態になったことを考えると、自分でも本当におかしいのではと思うほどです。

僕は、前の自分には欠けていた人生の目的があることに気づきました。それは、自分がやったのと同じようなことを、他の人が乗り越えるのを助けることです。
そのために、自分は今毎日仕事に行っています。

今の自分は、銀行にはお金もあるし、車もあって、物質的なものはすべて持てるようになりました。でも一番は、家族が戻ってきたことです。それだけではなく、家族は自分を信頼してくれています。大好きな彼女もできて、人生で初めての健全な関係を手にすることができました。

でも自分にとっての最大の変化は、内面的な気持ちです。
自信が持てるようになりました。何かをやろうと心に決めれば、必ずやり遂げることができるし、もしできなくても構わないという自信です。

やっと大人になれたと感じるし、社会に貢献する一員になったと思います。
自分の人生に責任を持てるようになり、他人に何かしてもらわなければということもなくなりました。
一番大切なことは、私が幸せに生きていること。そして、以前は夢にも思わなかったような生活を送っていることです。

(※ナルコノン・オハイのインスタグラムより引用、翻訳しています。)

薬物は止められる 幸せなビフォーアフターを

もしあなたが今薬物をやっているのなら、すぐに連絡してください。秘密は守られます。
もしあなたのご家族が薬物をやっている、またはやってるのではないかと疑っているのなら、すぐに連絡してください。秘密は守られます。

ビフォーアフターを披露するならば、過去を振り返って、あんな大変な時もあったなと、笑いたいではありませんか。

ナルコノンには、世界中で薬物をやめ、笑顔を取り戻し、家族を取り戻したプログラム終了者たちがいます。

迷わずお電話ください。あなたも家族も、その一員に今すぐなりましょう。