ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【代表ブログ】薬物リハビリテーションとは何でしょう③~渇望~


こんにちは、ナルコノンジャパン代表の神野です。「リハビリ」という言葉は本来医療用語ですが、知らない人はいないくらい浸透した言葉だと思います。前回は、私たちがリハビリ対象としている薬物についての解説をしました。今回のテーマは「薬物への渇望」についてです。

前回のブログはこちらからお読みください。

【代表ブログ】薬物リハビリテーションとは何でしょう②

1. 薬物依存が意味するもの

前回、前々回のブログで、我々が考える薬物リハビリテーションを『麻薬や覚せい剤などの依存から、薬物への渇望を我慢することなく、社会復帰するために、限られた時間のみ行うプログラム』と定義しました。

まずは、依存の意味を確かめてみましょう。辞書にはこのような定義が載っています。

い-そん【依存】
他に頼って存在、または生活すること。

(デジタル大辞泉より)

ご覧のように、これ自体は悪いことではありません。例えば、社会的または経済的に困窮した際に、行政が提供する様々なセーフティネットに依存することは、悪いことではありません。もっと身近な例で言えば、子どもは自立するまで親に依存しています。

なぜ、これらは悪いことではないのでしょうか?それは、これらがその先の自立というゴールがあることを前提としているからです。一方「薬物依存」という言葉に当てはめてみると、これは『薬物に頼って存在、または生活すること』になります。

仕事に集中するため、人間関係のストレスを発散するため、楽しい気分になるため…これらの目的を達成するために薬物に頼っていては、自立はできません。

薬物の使用を前提に日常生活を送ることは、完全に薬物依存です。薬物の使用をなくして日常生活を成り立たせ、自立すれば良いのですが、それはなかなかうまく行きません。なぜなのでしょうか?

2. 薬物への渇望

薬物の恐ろしさのひとつに、「やめたいのにやめられない」という点があります。

『薬物は一度、依存すると一生治らない』
『薬物依存になったら、生涯に渡って苦しむことになる』

薬物使用者や、その家族が本当によく耳にする言葉です。ここまで言われてしまうのも、無理はありません。薬物とは、それほどまでに強く人を依存させ、自立できない状態にしてしまうものだからです。

麻薬や覚せい剤には精神的な依存も、身体的な依存もあります。
(よろしければ、京都大学大学院薬学研究科生体機能解析学分野HPより、薬物別の精神依存と身体依存の表をご覧になってください。)

これらの依存が薬物への渇望へとつながります。渇望とは、のどの渇いた人が水を欲しがるように、心から願望することを言います。これは非常に強い欲求ということです。

リハビリとは、依存の状態から切り離し、自立へと結びつけるためにあります。薬物リハビリとは、薬物への渇望を克服し、薬物を使用することなく、そして、今まで摂取した薬物の影響も受けることのない生活をゴールとして、進める必要があるということです。

日本には今、ナルコノンでの薬物リハビリという解決策が生まれました。

薬物依存は治らないものとし、それと生涯に渡って付き合うことになるのであれば、それは薬物リハビリではなく、薬物対症療法と言えるでしょう。しかし、薬物依存の問題は一方通行ではありません。一生治らないものでもありません。解決策が、ここにあります。

まずはナルコノンにお問い合わせください。担当のスタッフが親身にお話を伺います。

薬物やアルコール依存について情報を得たい方へ

薬物やアルコール依存の問題に関する情報を配信します。