ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

LSDで頭がおかしくなるとどうなるのか


こんにちは、卒業生スタッフのアンソニーです。今回はLSDの話をしたいと思います。個人的に、覚醒剤、大麻の次に乱用されてるのはLSDなんじゃないかなって思うのですが、どうでしょう。LSDで頭がおかしくなる話です。どうぞ。

LSDとは

LSDとは最も強力な幻覚剤のひとつです。これまでLSDについては多数記事を書いているので、詳しくはそちらを読んでください。ですので今回は、厚生労働省の幻覚剤の定義を紹介しようと思います。日本が幻覚剤というものをどのように捉えているのか見てみましょう。

幻覚剤とは、脳神経系に作用し、非現実的で異常な感覚をもたらす薬剤。精神的依存傾向があり使用を繰り返すこともある。中枢神経に働いて、知覚、思考、自己認識の異常をもたらす薬剤です。幻覚剤による効果は薬剤を利用するときの精神状態により左右されます。幻覚体験は「トリップ」と呼ばれますが、利用に不安を感じていたり抑うつ状態にあったりすると、「バッドトリップ」と呼ばれる不安発作に陥ることもあります。問題となるのは、幻覚剤を使用することで判断力が低下し、例えば空を飛べると思い込んで窓から飛び降りるといった危険な事故につながる恐れがあることです。

長期間繰り返して使用していると、薬物をやめた後にも「フラッシュバック」と呼ばれる幻覚の再体験をすることがあります。幻覚剤そのものには身体的な依存は確認されていませんが、使用量や個人差で精神的に依存する傾向があります。」

おおよそLSDに関するサイトには同じようなことが書かれていますので、是非調べてみてください。

「アシッドの紙の食べ方教えて」サイケな薬物LSD

LSDの効果と時間は量で変わる?

LSDで頭がおかしくなる

そんなLSDですが、使用者はしばしば自分は頭がおかしくなったのではないかと感じることがあるようです。ではなぜそのように感じてしまうのでしょうか。上の定義によれば、幻覚剤をとると非現実的で異常な感覚になり、知覚、思考、自己認識の異常を経験するとされています。では一旦、ここで一語一語の意味を整理していきます。

非現実的とは、現実に即していないさま。現実にありえないさま。
異常とは、いつもと違うこと。普通と違っていること。
感覚とは何でしょう?感覚とは、目・耳・鼻・皮膚・舌などが身体の内外から受けた刺激を感じ取る働き。また感じ取った色・音・におい・温度など。
知覚とは、同じ種類の感覚について、その強さや質の区別、時間的経過などを弁別すること。
思考とは、考えること。またその考え。
自己認識とは、自身の状態に気づいており、客観的に自分の感情や思考を捉えらている状態のこと。

これらの意味を当てはめて、もう一度幻覚剤の定義を読んでみましょう。頭がおかしくなるという表現は、他でもないまさにそういうことになっている状態のことを言いたいのではないですか?とはいえ、道理や理屈ではなく体験に価値を置き、トリップを求めるのがドラッグユーザーというものです。お気持ちは分かりますが、その体験が自分を苦しめ傷つけるものに変わってしまう前に、やめることを強くお勧めします。

LSDで頭がおかしくなったら

ここで少し僕の体験を語らせてください。
LSDには「フラッシュバック」という幻覚の再体験という効果があると言われていますが、僕はいろんなところで何度もそれを経験しています。実際にLSDが直接フラッシュバックを起こしていたのかは確かめようがないので分かりませんが、少なくとも大麻のときにはありませんでした。大麻で頭がおかしくなることはありましたが、フラッシュバックはしませんでした。

ある時期にとうとう頭がおかしくなったと思い始め、周りに「もう本当にやめる」と言って自力で足を洗おうとしましたが、遅かったです。そこから再体験祭りでした。当時は精神的なストレスや過去のトラウマを引きずっていた時期でもあったので、余計にくらいやすい状態にあったのは間違いないですが。

一瞬の出来事でした。終電前の渋谷で、電車に間に合おうと急いでいました(山手線からの乗り換えでした)。そしてエスカレーターを下ろうとしたその時でした。急に口内が異常に乾燥し(これを砂漠と呼んでいました)呼吸ができなくなって、その場に立ちつくしました。あ、と思い、これは助けがいるやつだと瞬時に判断し、辺りを見回しました。(パニックよりも冷静でした)ちなみに声は出ません。

しかし、渋谷終電前なのにその瞬間だけ誰も周りに居なくて、その一瞬のうちに絶望しました。どうしようと思った矢先、20m先ぐらいに自販機が見えたので、急いで歩き(走れない)水を買って飲み空気を吸うことができて助かりました。そこで誰もいなくてよかったとホッとしました。あの20mは今までで一番長かったです。

ちなみにLSDの身体的作用の一つは、口内の乾燥です。

また今後のブログで体験の一部を書こうと思いますので、是非チェックしてください。
もしも自分はこういう体験をした、あれは何だったのだろうとか、そういう話でも聞いてほしいというのがあれば気軽にチャットか電話してくださいね。

薬物に特化したリハビリを行うことで、ご本人の心身のみならず、人間関係、そして人生そのものを改善している人々が実際に生まれています。薬物を手放せなくなっている方を知っている、もしくはご自身がそうだという方、ナルコノンにご相談ください。あなたの勇気ある一声が、1本の電話が、1つの命を救います。新しい人生を手にするチャンスはここにあります。今すぐにナルコノンにお電話ください。まずはスタッフが、親身にお話をお聞きします。

参照ページ
幻覚剤 | e-ヘルスネット(厚生労働省) (mhlw.go.jp)

薬物やアルコール依存について情報を得たい方へ

薬物やアルコール依存の問題に関する情報を配信します。