ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

お酒で喧嘩する夫婦・カップルはもう終わりなのかな?


アルコール依存症とまではいかなくとも、お酒が原因で、夫婦喧嘩または恋人との喧嘩になってしまう人へ。もしくは、お酒の問題はあるけど、もはや喧嘩にもならないほど冷め切ってしまった人へ。ズルズル付き合ってしまう人が多いこのテーマ…でもそろそろもう止め時かもしれません。

お酒のことじゃなくても…夫婦喧嘩は仲が良い証拠?

結婚したら、付き合ったら…1度も喧嘩しないカップルは世の中にいるかもしれませんが、多数派ではないでしょう。
恋人同士での初めての喧嘩は、本当に真剣に付き合い始めた証拠だとか、仲が良い証拠だとか、周りの人たちは好きなことを言うかもしれませんが(そしてあなたも他人事ならそう言う側の立場になるかもしれませんが…)、正直、喧嘩真っ最中のあなたには、何の役にも立たないアドバイスになっているかもしれません。

夫婦喧嘩になったら、険悪な雰囲気が解決しないまま次の日に持ち越すとなれば気まずさも倍増。近くで寝るのも嫌だったり、お子さんがいるなら子どもには気づかれないようにしようとしたり、なかなかの労力を使う展開にもなりかねません。

確かに、喧嘩をするのはお互いを想い合っているからこそであることは、間違いないでしょう。
だって、どうでもよい人だったら、相手が何をしようが構わずにいられると思いませんか?
夫婦や恋人は、人生の一定の時を楽しく過ごすパートナーだからこそ、お酒に限らず、理解してもらえないと感じればこじれてしまうのは当然です。

お酒のことでは、もはや喧嘩にもなりません

その一方で、もはや一切もめごとにもならない恋人や夫婦がいます。それはもう、付き合って間もないワクワクしていた時期から、マンネリ化して退屈な時を過ぎ、喧嘩が増えて怒りをぶつけたり、喧嘩がヒートアップした結果彼女または妻が泣いたりするのを繰り返し、もう喧嘩する気力もないくらいに悪化しているのかもしれません。
言ってもしょうがない。見て見ぬふり。もう傷つきたくない。もめるくらいならこのままでいよう。子どもが大人になるまでは目をつぶろう…なんて思っていませんか?

叩きのめされて辛いことがたくさんたまってしまうと、問題が起こっているのに無関心でいたり、自分に痛みがあるのに無感覚になるなど、立ちあがる元気はなくなってしまいます。

これにお酒が絡んでいればなおのこと面倒になります。
なぜなら相手は、正気な思考ができません。
それはなぜか?
あなたが選んだ人が最低だったわけでも、相手の頭が元々おかしいわけでもありません。
それは、お酒・アルコールが薬物だからです。

お酒の入っている状態の人と話しても、仕方がないことを知ってください。まずは、相手が(もちろんあなたも)お酒を飲んでいないシラフの状態を作ることが先決です。

お酒の心配ごとのない夫婦関係へ…取り組み方は3つある

しかし、シラフの状態を作ることがまず無理だ、という人もいるかもしれませんね。
もしくは、隠れてお酒を飲まれてしまっているかもしれないから、本当に相手がシラフなのかどうかがわからない場合もあるでしょう。
お酒に関して隠されている…そんな状態で、夫婦という関係、恋人という関係を維持していくのは、非常に難しいことです。
その隠し事は相手にとってやましいことであり、秘密が大きくなればなるほど、あなたに対して誠実でいることは不可能になっていきます。

これに対処する方法は3つです。

  1. ズルズルとこの関係を続けていく
  2. 勇気を持ってこの関係を見直す
  3. お酒の問題を解決して、良い関係を取り戻す

お気づきとは思いますが、一番良い結果を生み出すのは、いつもこの3番目です。

お酒の問題を解決して、良い関係を取り戻す

これです。愚痴ってばかりでは、喧嘩を見過ごしてばかりでは、ただ目をつぶっていては、何も解決しません。
この3番目を選ぶ人は、ナルコノンにご連絡ください。ナルコノンは、もともとの良い関係を取り戻すお手伝いをすることができます。

お酒のために悪化してしまった夫婦関係、カップルの関係に、メスを入れましょう。
本気で解決したい方は、ナルコノンにご連絡ください。