ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【代表ブログ】アルコール依存と向き合う前に⑧[最終回]


アルコール依存の克服へのゴールはどこでしょうか?本人のゴール、家族のゴール、そして我々、アルコールのリハビリ施設のゴール…それぞれ、違うことと思います。ご家族にはご家族のゴールがありますし、ご家族にはご家族のやるべきことがあるからです。

アルコール依存克服のゴール

それは間違いなく、アルコールの問題を克服し、アルコールの問題が発生する前と同じ状態、もしくはそれ以上の状態に引き上げることです。
これは、アルコール依存に取り組むすべての人のゴールです。
本人のゴールでもあり、ご家族のゴールでもあり、薬物リハビリ施設のゴールでもあります。すなわち、チームとしてのゴールです。

サッカーや野球などのスポーツも、チームだからこそ大きな目標を達成したり、難しいことを解決していくことができるものです。
これと同様、アルコール依存もチームとしてグループとして取り組んだ方が、より正しいやり方で、より速く解決に向かいます。

また、そういったスポーツと同様に、チームのメンバーそれぞれに特定の役割があります。
ピッチャーが投げて、キャッチャーが取り、バッターが打つように…それぞれの役割を担いながら、同じ目標に進むのです。

ご家族のゴールは、1日も早く以前の生活を取り戻すことです。それも、安全な方法でです。
専門的な知識と技術、それも安全な方法を知っているなど、すべてを兼ね備えている一般家庭の方々がいらっしゃるとしたら、それはごくまれです。
その際のご家族の役割とは、アルコール依存の本人のサポートをすることなのです。

アルコール依存と永遠に付き合う必要はありません

アルコールの問題と、長期的に、ましてや永遠に付き合っていきたいと思っている人など、この世にはいません。
アルコール依存の本人もそのご家族も、良くない状態にとどまっているのは、諦めてしまっているからであり、本当に終わらせることができるなら、それを望んでいます。

  • 一刻も早く終わらせたい
  • 元の生活に戻りたい
  • 普通の家族になりたい

何度そう思われたことでしょうか。アルコール依存の克服を達成するならば、専門家の力を借りてください。
アルコール依存を克服するチームとして、薬物リハビリ施設の役割は、アルコール依存そのものの状態を、改善し取り払うことです。

アルコール依存を克服する手段は、この世にあります。

ご家族の役割はアルコール依存のリハビリを提供することではありません。
まずは、アルコール依存を克服させると決断すること。
そして、薬物リハビリ施設に相談し、バトンを渡すことです。

アルコールの問題を抱えたままでは、関係は悪化していってしまいます。
しかし、一人では解決できないことも、チームだったら解決できます。

出産、骨折などを皆、自力で治そうとは思わないはずでしょう。医師や助産師、接骨院に相談して、治療やリハビリをしてもらいますよね。
ナルコノンは医療施設ではありませんし、アルコールに依存している状態を病気とは呼びません。しかし、安全にアルコールを止める独自のプログラムがあります。

リハビリが終わった後、アルコール依存を克服した本人と、ご家族でより良い関係を築きたいと思いませんか?
それは夢ではありません。まずは、ナルコノンにご相談ください。