ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

アルコール依存症の彼氏とは別れるしかないの?


こんにちは、スタッフのアユです。
アルコール依存症の(またはその疑いのある酒癖の悪い)彼氏を持つ、日本全国の女子の皆さん!彼の酒癖の悪さは周知の事実となっている人も、怖くて誰にも相談できない人も、まずはこのブログを読んでください。悩んでいるのはあなただけではありません。

アルコール依存症の彼氏にどう対応したらいいかわからない

彼のアルコールとの相性のひどさに参っている、もしくは、なんだかこれは普通じゃないのでは?と、思い始めたところの女子の皆さん。
もうすでに、アルコール依存症について、インターネットでいろいろと検索されたかもしれませんね。
「このまま彼氏を見捨てて別れてしまってはあんまりだ。私が助けてあげなくちゃ!」と思って、相談相手を探したり、うまくいった人の話を聞いてみたいと思ったのではないでしょうか?

例えばもし、あなたも大酒飲みか何かで、
「あれくらいしゃーない。酒飲むのは文化のひとつ。みんな飲んでるし。私も彼と一緒にお酒を飲むのが好きだし。」
などというのであれば、きっとこのブログを読んでいないと思います。
この状況はマズいと思ったあなただからこそ、読んでくれているのだと思います。そして、そういう女の子たちはたくさんいるのです。

せっかく大好きな人と付き合えたのに、長く付き合ってきて結婚を考え始めたのに…友達が「サッサと別れなよ」などと言っても、あなた自身が納得して決断していなければ、そんな簡単な問題じゃないですよね。
もしかしたら私が泥酔などのそういう経験がないだけで、世間では普通なのかな…なんて思い始める人もいるかもしれません。

でも、あなたのその「良くないかも」という感覚は正しいのです。世間でよくあることだったとしても、それによって人生を狂わせてしまった人たちがたくさんいるのですから。

彼氏に、自分がアルコール依存症だという自覚がない

突然ですが、アルコール依存症という名前は、病院に行って診断され、初めて付けられるものです。私だって、リハビリ施設の職員であり、医者ではありませんから、あなたは「〇〇症」ですねと診断することはできません。
病院に連れていくのは、勇気が要りますよね。まず彼に、アルコールの問題について病院に行こうと、話さなくてはならないことが苦痛だったりします。もしそこで、二つ返事で「そうだね、俺病院行ってくるよ!」と言ってくれる相手なら、ここまで苦労もしないわけで…。

本人に、病気であることを認めさせたり、そのように思わせるように強制する必要はありません。彼が自分の力でお酒をコントロールできないこと。あなたや周りの人々に迷惑をかけたり、精神的または肉体的にダメージを与えていること。この事実があれば十分です。

病気であることを認めるのが重要なのではありません。彼が生み出している結果、それによってもたらされている影響を見てください。
そのうえで、あなたはその彼氏とずっと付き合い続けるべきなのかどうかを、本当に考える時に来ています。

アルコール依存症の彼氏とは別れるしかないの?

アルコール依存症の人は、いきなりお酒の摂取を止めると、厳しい離脱症状が待っている場合があります。記憶がまぜこぜになってしまったり、手が震えたり、突然汗をかいてしまったり…でもアルコールを飲むとそれが和らいだ気分になるのです。しかしそれは、本当に和らいでいるわけはありません。そもそもお酒という薬物が、心身にとっての毒を正しく見分けられないほどに、麻痺させてしまっているだけのことです。

そんな彼と、この先の未来をずっと続けていくと考えれば、何が待っているのか…実際に考えたことがありますか?【代表ブログ】アルコール依存と向き合う前に④をぜひ読んでみてください。数字としてわかりやすく見てみましょう。どれくらいのお金がお酒に流れるのか、どれくらいの時間を彼に費やしていくのか、参考になるはずです。

私は、アルコール依存症の彼氏とあなたを、別れさせるためにこの情報を書いているのではありません。二人ともが正しい選択をし、明るい未来を築くための材料になればと思っています。

別れる選択をする前に、ナルコノンがあります。

お酒の摂取を安全に止め、その影響から回復し、あなたとの未来をまっすぐに歩んでいけるよう、お手伝いします。あなたが疲弊しきってしまう前に、打つ手があります。
ナルコノンにご連絡ください。