ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

アルコール依存症の彼氏と別れるべき?経験した妻たちの言葉


こんにちは、スタッフのアユです。アルコール依存症の彼氏を持つ、もしくは「私の彼氏、アルコール依存症なんじゃ…」と疑っている全国の女子たちへ、今日もメッセージを送ります。今日は、私が今までに聞いてきた、実際にアルコール依存症の夫に苦しむ妻たちの声お届けします。

彼氏がアルコール依存症と知っていたら付き合ってなかった?

誰もが、「アルコール依存の彼氏が欲しいなー」「アルコールで問題のある人と付き合いたいなー」なんて思っていません。少なくとも私は、好みのタイプを聞いて「アルコール依存でやらかしちゃっていて、恋人や家族や勤め先を困らせるような人!」と言う人は…聞いたことがありません。

きっと、どんな性格かと聞かれれば、「優しい人」「楽しい人」「頼りになる人」とか、仕事面では「真面目に仕事をこなす人」「お金を稼ぐ人」などを求めている人が多いことでしょう。将来のことを見据えて「子ども好きな人」「料理が上手な人」がいいと言う人もいるかもしれませんね。
とにかく、共にいて幸せになれるような人が好みのタイプに出てくることと思います。

ですが、アルコールの問題を抱えるパートナーや家族を持つ人々は、後を絶ちません。

妻たちは、アルコール依存症の家族を持って一生を背負っていこうと思って、その人と付き合い始めたわけでも、結婚を決めたわけでもありません。別れるために付き合ったわけでもありません。本当のその人には、良い部分があるとわかっていたから、その「善」の部分の彼と付き合い、結婚しようと決めたのです。

しかし、アルコールは薬物です。その善の部分をとことん破壊していく力を持っています。

アルコール依存症の“彼氏”から”夫”へ…妻たちの本音

アルコール依存症の彼氏と別れるのは、なかなか大変な場合があります。まず、傷ついたのはあなたなのに、それを伝えても彼は覚えていません。
泥酔して失態した彼を見て、別れることを決意したとしても、その失態を彼は覚えていないのです。なぜ別れる必要があるのか、彼には本当の意味ではわかりません。

これはアルコール依存症の夫を持つ奥様方が、苦労する点のひとつです。そして、それでも人生を共にすると決めた彼女たちの口からは、今やこんな言葉が出てきます。

  • 朝から飲んで吐いて、何が楽しいのだろう。
  • 飲酒運転での事故のニュースをどんな気持ちで見てるの?
  • お酒を禁止にしたら、ついに料理酒を飲みだしました。
  • 飲んでるときとシラフのとき、どっちが本性なのだろう?
  • いつも猫をかぶって騙されていたのだろうか?
  • 結婚前に戻って、自分に教えてあげたい。

それでもあなたは、ひとりでこの悩みを抱えるつもりですか?

アルコール依存症の彼氏自身はどう思っているのか

私は以前、アルコール依存症で苦しんでいた男の子と話したことがあります。彼は言っていました。

「僕は、お酒をやめることはできた。行動性を止めることはできた。でも以前のような生活が戻ってきたかというと、そうではないし、未だに、いつまた手を出すかもしれないという恐怖と戦い続けている。」

多くの人が、「お酒を飲む」という行動を止めることはできても、ではそれ以前の生活スタイルや、交友関係、身体の状態を取り戻せたわけではないと言っています。
傷つけてしまい、別れることになったり、去って行った人々を取り返すことは難しいものです。精神的にも身体的にもダメージを受けた状態と共に、残りの人生を生きていかなければなりません。

ナルコノンには、お酒を飲まない自分を取り戻すことのみならず、壊した関係をも回復するためのプログラムがあります。

お酒を飲む前の人生よりも、より良い人生を手に入れましょう。それは彼だけはなく、かかわっている周りの人たち、そう、あなたのことも含まれているのです。

どうか、彼と二人だけで問題を解決しようとしないでください。あなたが疲弊しきってしまう前に、打つ手があります。
ナルコノンにご連絡ください。