ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【薬物依存症】自立することと心のバランス


こんにちは、スタッフのアユです。
一度薬物に依存してしまうと、抜け出すのは困難になります。本人も、依存したくてしたのではありません。でも、自立した考えを持てなくなり、心のバランスは崩れていきます。薬物問題は、単なる身体的な問題ではないのです。

薬物依存によって崩れる心のバランス

薬物に手を染めるきっかけ…その始まりは些細なことだったのかもしれません。

  • 友だちが持っていたから。
  • 先輩にやれって言われたから。
  • なんかおもしろそうだと思ったから。

例えばこれが、お菓子か何かであれば、何の問題もありませんでした。
たまたま友だちが持っていたチョコレートを食べるとか。先輩に勧められたら、食べる可能性高いですよね。試したことのないチョコレートを食べている人がいたら、そのチョコに興味がわくかもしれません。

しかし、それは薬物でした。
ただのお菓子か何かではありません。
毒物です。

無知であるがために、人は薬物に手を出してしまいます。
「薬物は危険」ということは知っていたとしても、本当の危険性までは理解していなかったがために、人は手を出してしまいます。
まさか、そこから依存が始まるとか、自分の心のバランスや人間関係を崩壊してしまうなんて、考えもしませんでした。そこまでわかっていたのなら、きっと始めていなかったでしょう。

薬物依存者とその家族…自立の難しさ

私がデンマークにスタッフ研修に行ったとき、ヨーロッパ人の生徒の男性と話すことがありました。彼は長年の薬物依存のためにナルコノンに来ていて、順調にプログラムを進めて調子よくやっていました。でもある日こう教えてくれました。

「母親は自分を愛してくれているけど、僕が自立できるとは信じてくれていないんだ。まあ、ヤク中には普通だよ。」

薬物をやめると何度も家族に言い、何度もその約束をやぶり、とうとうリハビリ施設にたどり着いた彼。
家族は彼に生きていてほしくて、健康な人生を取り戻してほしくて、全面的にサポートしてくれていました。でも長年の裏切りによって失った信頼を取り戻すのは、たった一夜で魔法のように…とはいきません。

家族は、薬物依存者の未来を考えたら不安でたまらなくなってしまいます。

  • このまま薬物に依存したままだったら、どうやって自立できるというのだろう。
  • 自分でお金を稼いで生きていくことはできるのだろうか?
  • 短期間やめていられても、また後戻りするに違いない。

この不安を解決する手立てが、見当たらないからです。

薬物依存からの自立 人間関係のバランスを取り戻す

多くの薬物依存者たちが、薬物を得るためなら何でも手を尽くしてきました。
お金が必要とあれば人をだましたり、本来の目的ではないのにそれを得ようとしたり、さらなる違法行為を重ねたりします。
言い換えてみれば、これは何かを推し進める力が非常に高いということなのです。
でもそれを、間違った方向に使ってしまいます。

それは、薬物に依存しているがために、本来の人間の良い部分が歪められてしまうからです。
判断能力が低下して、自分も他人も傷つけてしまいます。心のバランスが崩れた後は、人間関係も崩壊してしまいます。

その間違った方向に向けられた能力を、正しい方向へ、生きる方向へ修正するお手伝いをしているのが、ナルコノンです。

ナルコノン・プログラムには、依存を克服するために必要な

  1. 薬物・アルコールを断つこと
  2. 薬物・アルコールを身体から取り去ること
  3. コミュニケーションを向上させること
  4. どのように生きていけばよいかを学ぶこと

この4つがすべて含まれています。(詳しくはプログラム概要をご覧ください。)

生徒の心のバランスを取り戻し、自立した社会人として一歩を踏み出せるようサポートすることが、ナルコノンの使命です。

諦める前に、ナルコノンにご連絡ください。
次回のオンライン無料説明会&個別相談の受付日は、7月2日(金)19:00~20:00です。
顔出ししなくても大丈夫です。下記フォームよりご連絡くださいませ。