ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【代表ブログ】大麻における「海外では合法」について⑧海外での使用


こんにちは、ナルコノンジャパン代表の神野です。最近は、大麻の使用における合法化、非犯罪化、厳罰化している国々について、シリーズで書いています。今日は、大麻が合法化・非犯罪化する国における、日本人の使用についてお話ししましょう。

日本人が海外で大麻を使用したらどうなるの?

大麻が合法化または非犯罪化された国に、日本人が訪れて大麻を使用したとしたら、どうなると思いますか?逮捕され、刑罰を受けることになるのでしょうか?

まず前提としては、海外で罪を犯した場合は、まずはその国の法律に従って裁かれることになります。これは薬物に限ったことはでありません。ですから、大麻をカナダやウルグアイで使用した場合は、規制の範囲内であれば、逮捕されることはないでしょう。

【関連ブログは下記リンクからお読みいただけます】

【代表ブログ】大麻における「海外では合法」について③カナダ編

【代表ブログ】大麻における「海外では合法」について④ウルグアイ前編

そして、前回のブログでも紹介しましたが、中東諸国で使用したとなれば極刑もありえるわけです。いずれにせよ繰り返しになりますが、現地での行いにおいては、大麻に限らず現地での法律に従うことになります。

海外で大麻を使用した後、日本に帰国したらどうなるの?

大麻取締法違反で有罪判決を受けた某有名俳優の方が、彼が20代にオランダのアムステルダムで大麻を使用したと供述したと、以前報道されたことがあります。これは、オランダでの現地の規制の範囲内であれば、オランダ国内では裁かれることはない、ということでしたね。

では、その後日本に帰るとどうなるのでしょうか?

まず、皆さんもご存じの通り、日本には大麻取締法があり、大麻の所持・譲渡が禁止されています。日本においては、大麻を使用した場合も(例外はあるようですが)大麻の所持罪に問われます。

大麻取締法の罰則規定は、刑法第2条に従うこととなっています。刑法第2条には、いったい何と書いてあるのでしょうか?

『この法律は、《日本国外》において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。』

このように書いてあります。これはようするに、海外で罪を犯したのだとしても、日本の刑法、そして大麻取締法における対象になるということを意味します。

カナダであろうが、ウルグアイであろうが、オランダであろうが、マリファナを所持・譲渡してしまったら、日本においては犯罪という扱いになります。日本に帰国したら、発覚したその時点で法により裁かれる対象となるのです。

カナダで大麻の合法化が起こった際に、外務省のホームページにも、以下のように明確に記載されました。

注意喚起(カナダにおける大麻(マリファナ)の合法化について)

【要旨】
2018年6月21日に成立しました「カナダにおける大麻に関する法律」が10月17日より施行されます。一方、日本の大麻取締法において、大麻の所持・譲渡(購入含む)等については違法とされ、処罰の対象になっております。この規定は海外において行われた場合でも適用されることがありますので、在留邦人や日本人旅行客の皆様におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないよう注意願います。

(参照URL:外務省海外安全ホームページより)

カナダで大麻を吸ったら現地で裁かれないかもしれませんが、日本では裁きますよ、ということです。

日本は薬物の害から守られている国

上述したように、日本人は日本人である以上、大麻を吸うことはどこに行っても犯罪とみなされるわけですね。これは、日本は法律の側面からも、薬物の害から守られている国であるといえるでしょう。

しかし、それでも薬物に手を出してしまう人たちは後を絶ちません。そしてその多くが、ご本人が苦しむことは当然ながら、その周りにいる方々、特にご家族が頭を悩ませる深刻な問題に発展していきます。

薬物依存のリスクは、今目に見えている状態よりも、遥かに大きな問題になっていきます。しかし、私たちには今、解決策ができました。

日本にはこのたび、ナルコノンが誕生しました。リハビリを行うことで、ご本人の心身のみならず、人間関係、そして人生そのものを改善している人々が実際に生まれています。

薬物を手放せなくなっている方、もしくはご自身がそうだという方、今すぐにナルコノンにご相談ください。その種類にかかわらず、薬物依存のリスクは取り返しのつかない大きさになることがあります。あなたの勇気ある一声が、1本の電話が、1つの命を救います。

新しい人生を手にするチャンスはここにあります。今すぐにナルコノンにお電話ください。まずはスタッフが、親身にお話をお聞きします。

薬物やアルコール依存について情報を得たい方へ

薬物やアルコール依存の問題に関する情報を配信します。