ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【代表ブログ】ご家族が薬物依存かもしれないと疑っている方へ


捨てられた薬物を見つけた、薬物使用の痕跡がある、見かけない郵送物が届いた、部屋から変なにおいがする、様子が最近おかしい、意識が朦朧としている、奇行が目立つ、ろれつがまわっていない、瞳孔が開いている・・・ご家族の薬物依存の可能性を感じるサインを受け取ったら?その時はどう対応すれば良いのでしょうか。

避けた方が良いこと

薬物に依存しているのは、何かしらの事情があっての結果ということを知ってください。
もしかしたら軽はずみに、興味本位に、始めてしまったのかもしれません。それは悪い友人とつるみ始めてしまったのが原因かもしれません。

口ではどのように言っていたとしても、薬物に依存しているのは悪い状態であると、自覚していない可能性は低いです。本人もどこかで、これは最善ではないことは、わかっているはずなのです。これは唯一の救いと言えるでしょう。

もちろんご家族にとってみれば、薬物そのものが問題であることは事実です。しかし当人にとってみれば、薬物以前に問題があって、その解決策に薬物を利用している状況かもしれません。

本人に、いきなり激しく問いただしたりすることは、出来る限り避けましょう。

彼なりの”解決策”をただ取り上げ、関係の悪化になってしまっては解決が難しくなります。ご家族の辛抱が必要になることは間違いありませんが、冷静に話を切り出すことをお勧めします。

やらなければいけないこと

まずは、誰かに相談することです。
薬物問題は、1人でやみくもに戦おうとしても、勝利するのは難しい問題です。
誰かに話せるのであれば、他のご家族や、信頼のおけるご友人でも構いません。解決に向け、同意してくれる仲間が必要です。
1人で悩んで抱え込んでしまうこと、解決方法がないと思い込んで、そのまま放置しておくことこそ、大変危険なことと言えます。

そして勇気を出して、薬物リハビリの専門家であるナルコノンにご相談ください。

ご家族が薬物依存かもしれないという経験は、初めてのことかもしれません。
ご家族の薬物依存で長年苦しんでいて、有効な解決策が見つかっていないという方もおられるでしょう。
何人もの薬物依存の人と接してきた経験と、問題を解決してきた知識…専門家の経験と知識はとても有効です。
薬物依存という困難な問題に、立ち向かうツールがやっと日本に完成しました。

ご相談は無料です。

正確な状態の把握、折れそうな心を支えてくれるメンタルサポート、合理的なプログラム、これらを専門家と、ゴールを目指しましょう。
実績のあるプログラムとコーチが共にあれば、薬物依存の問題も解決します。
共に目指しましょう。
043-4000-193まで、ナルコノンに今すぐお電話ください。

    ご相談・お問い合わせフォーム

    すべての項目にご記入ください。なるべく早く折り返しのご連絡をさせていただきます。

    名前
    メールアドレス
    電話番号
    都道府県
    ご相談/お問合せ内容

    プライバシーポリシーに同意の上送信