ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

0436-26-7603

お電話受付時間 : 24時間受付中

1vLSDのバッドトリップはどんな感じですか?


こんにちは、ナルコノン卒業生のアンソニーです。バッドというのは俗にいう「バッドトリップ」のことです。バッドとは、不安発作みたいなものです。薬物を使っていない人はそのような不安発作はおそらくこれまで経験したことがないと思います。今回は1vLSDのバッドついて書いていきたいと思います。

1vLSDとは

このブログでは何回もお伝えしていますが、1v-LSDというのはサイケ薬物です。サイケとはLSDのような幻覚剤を服用しているときの精神状態のことを指します。では幻覚剤を服用しているときの精神状態というのはどのような状態のことなのでしょうか。

一般的に幻覚剤による精神状態は悟りや瞑想に近いと表現されます。1v-LSDの使用者は1v-LSDによる体験を「トリップ」と呼び、これは通常12時間ほど続きます。忌まわしい害を及ぼす反応は、その生き地獄のような苦しみにふさわしく「バッド・トリップ」と呼ばれています。

1v-LSDやLSDはブロッタ―と呼ばれる吸取紙に染み込ませて販売されます。消費者はそれを一枚(1cm×1cmの大きさ)、5000~6000円を支払い購入します。手に入れた1v-LSDまたはLSDを舌の上に乗せます。これを一般的に食べると表現しています。食べてから30分から90分ほど待ちます。

必ずしも舌の上に乗せなければいけないという訳ではなく、舌下に置いてもいいですし、飲み込んでもいいです。飲み込まず口内に留めておいたとしても、やがては溶けてなくなっていきます。

30分〜90分の間に最初の効果が現れます。多くの場合、瞳孔が開きます。体温は高くなる場合も、低くなる場合もあります。血圧と心拍数も上がる場合と下がる場合があります。また発汗や悪寒が起こることも珍しくありません。人によっては気分が悪くなり、吐き気を催すことがあります。

1vLSDでバッドトリップ

1v-LSDなどの幻覚剤を使用していると、食欲の減退不眠口内の乾燥震えをしばしば経験します。より一般的な作用としては視覚の変化があります。1v-LSDを使用している人は特定の色の強さに固着するようになります。同時に、気分が極端に変化し、現実感を失った「恍惚感」から強烈な恐怖感まで、あらゆる気分を経験します。その最悪な面として、1v-LSDを使用している人は薬物によって引き起こされた感覚と現実の感覚を区別することができません。

「それをまるでアメをなめるように口にしていました。ある飲み会の晩、私は気を失いました。気が付くと顔は血だらけになっていて、口からもどしていました。私は奇跡的に意識を取り戻し、身体を洗いました。車に乗り込み、震えながら両親の家へと車を走らせました。母と一緒にベッドにもぐり込み、泣きました。」

「アシッドをやった後、大型トレーラーに正面から突っ込んで死ぬという幻覚を見た。キーッというブレーキの音がして、それから真っ暗で不吉な静寂に包まれた。ものすごい恐怖感。本当に死んだと思った…それから1年、怖くて墓地には行けなかった。そこに自分の墓があったらどうしようと思って。

これらは元LSD使用者の証言です。まさしく薬物による感覚と現実の感覚を区別することができず、ありもしないような妄想に取り付かれていたということが想像できます。このように自分の生きる世界と幻覚によって引き起こされた世界を混同してしまうというのは、大袈裟に言っているわけではなく本当によくある話です。LSDと1v-LSDがほとんど同じ効果をもつことは以前のブログでお話ししました。まだ見てないという人は是非こちらを参考にしてください。

1vLSDの初心者です。気を付けることはありますか?

1vLSDは摂るな

1v-LSDを大量に摂取すると、妄想や幻視を引き起こします。1v-LSDを使用すると、時間と自己に対する感覚が変わります。物体の大きさや形はゆがんで受け止められ、その動きや色彩、音もゆがめられます。触覚や通常の身体の感覚までもが、奇妙で突飛なものに変わります。感覚は「重なり合う」ような感じになり、その人は色を「聞いたり」、音が「見えたり」するように感じる場合もあります。これらの変化は恐ろしく、パニック状態を引き起こすことがあります。

1vLSDはじめとした薬物をなぜ摂るべきじゃないかというと、、、

それは心身に悪影響を及ぼすということももちろんありますが、最も最悪なことはハマってしまうことです。1v-LSDが自分の楽しみの最上位に位置してしまうことは、なんというかもったいないことです。そのような考え方はいつか改めなければいけない時が来ます。幻覚剤の楽しみなんて一時的なものに過ぎません。

薬物に特化したリハビリを行うことで、ご本人の心身のみならず、人間関係、そして人生そのものを改善している人々が実際に生まれています。薬物を手放せなくなっている方を知っている、もしくはご自身がそうだという方、ナルコノンにご相談ください。あなたの勇気ある一声が、1本の電話が、1つの命を救います。新しい人生を手にするチャンスはここにあります。今すぐにナルコノンにお電話ください。まずはスタッフが、親身にお話をお聞きします。

薬物やアルコール依存について情報を得たい方へ

薬物やアルコール依存の問題に関する情報を配信します。