ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

0436-26-7603

お電話受付時間 : 24時間受付中

1vLSDの危険性について誰か教えてください


こんにちは、ナルコノン卒業生のアンソニーです。今回は1v-LSDについて。これ、実は最近できた薬物なんです。ご存知でしたか?新しい薬物ですから、まだまだそれに関する正確な情報は不足しています。ネット上では1v-LSDについてあることないこと言われてますから、実際のところどうなんだというのを今回は解説していきたいと思います。

1vLSDとは何か

さて今回はだいぶ真面目なトーンでお話をしていきたいと思います。なぜなら今、新種の”合法ドラッグ”なるものがこの日本にも拡散され始めているからです。その名も1v-LSD。LSDというのはご存知の通り、サイケデリックドラッグとして知られる違法ドラッグです。そのLSDの頭に1vが付けられた1v-LSDというものが、どうも一部で流行り始めているようです。

ではその正体は一体何なのか。1v-LSDについて日本語で書かれている情報がそもそも非常に少なく信憑性に欠けるため、今回はアメリカにある薬物リハブ“LANDMARK RECOVERY”の薬物解説記事を引用しつつ、その正体に迫ります。

1v-LSDとはLSDそのもの

1-バレリル-D-リゼルグ酸ジエチルアミド(1V-LSD)は、通称「バレリー」と呼ばれ、LSDとほぼ同じ効果をもたらすサイケデリックな物質です。脳内の受容体に作用し、しばしば幻覚時間の歪み自我の喪失などを引き起こします。

お察しの通り、1v-LSDは違法ドラッグLSDとほとんど効果が同じであるようです。

1v-LSDの危険性

LSDよりもLSDな1v-LSD

1V-LSDは2021年の夏に、おそらくLSDを禁止する法律を回避する目的で作られたと考えられています。

色を替え品を替えて違法手前のドラッグが拡散されるのは、今に始まったことではありません。こうした場合、遠くない未来に規制がかかるのもまた間違いありません。

この薬物は、LSDとは吸収率が若干異なり、身体的・認知的効果において、より刺激的で「速いペース」であると考えられています。

ちょっと待て、一般的なLSDよりも刺激的で速いペースだと?総じてLSDよりも強力ということでしょうか。LSDの身体的・認知的効果についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

LSDで頭がおかしくなるとどうなるのか

短時間の「アシッド・フラッシュバック」に悩まされることはあり得ますが、これを引き起こすメカニズムはよく分かっていません。またリゼルグ酸-ジエチルアミド系物質(LSD成分を含んだ薬物)においては、脳がベースラインの感覚処理をリセットするのが難しい「ヴィジュアルスノウ(Visual Snow) 」を使用者に残すことがあります。

LSD使用者がフラッシュバックを起こしてしまうことはよく知られています。

1v-LSDでも同じことが言えるということですね。また「ヴィジュアルスノウ」というのは視覚障害のひとつです。その症状をもつと「視界に雪がかかったように見える」といった類の異常が起きます。LSDは非常に”目にくる”薬物として知られていますので、薬物が抜けきらなくて視界に違和感が残るということは十分に考えられます。

1v-LSDは食うな

さて1v-LSDについて一通り見てきましたがいかがでしたでしょうか。ただのLSDよりも強力な要素があることには正直驚いてしまいました。「合法、現段階では法に触れていない」というだけで、危険な薬物であることに何ら変わりはないことが分かっていただけたのではないでしょうか。

違法だから危ない、合法だから危なくないという判断はいつか痛い目をみることになるでしょう。そんなややこしいことはせずに、薬物は摂らない。これで十分ではないでしょうか。

薬物に特化したリハビリを行うことで、ご本人の心身のみならず、人間関係、そして人生そのものを改善している人々が実際に生まれています。薬物を手放せなくなっている方を知っている、もしくはご自身がそうだという方、ナルコノンにご相談ください。あなたの勇気ある一声が、1本の電話が、1つの命を救います。新しい人生を手にするチャンスはここにあります。今すぐにナルコノンにお電話ください。まずはスタッフが、親身にお話をお聞きします。

参考ページ:What is 1V-LSD? – Landmark Recovery
Visual snowビジュアルスノウについて:診断と治療 | 自由が丘 清澤眼科 (jiyugaoka-kiyosawa-eyeclinic.com)

薬物やアルコール依存について情報を得たい方へ

薬物やアルコール依存の問題に関する情報を配信します。