ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

アルコール依存症の彼氏と別れるべきか迷っているあなたへ


こんにちは、スタッフのアユです。
アルコール依存のご家族を持つと、生活は非常に困難になってしまいます。同様に、家族ではないけれどアルコール依存の問題を抱える彼氏、彼女との付き合いも大変でしょう。別れるべきか付き合い続けるべきか、悩む方も多いのではないでしょうか。

酒癖の悪いうちの彼氏…これってアルコール依存症?

アルコール依存症の問題を抱えるご家族の方からよく聞くのは、夫または妻のアルコールの問題は、結婚前からあったということです。
もともと大酒のみで…飲み会が大好きで…よく酔っぱらって寝ていた…などなど、兆しはお付き合いをしている段階で、すでに知られているということです。

もちろん、人生でお酒を一切飲まないで済む人の方が少ない世の中、一滴でも飲んだのなら依存症であるわけではありません。アルコール依存症であるか否かの目安を見極めることが大切です。
世界保健機関(WHO)では、過去1年間に次の6項目中、3項目以上に当てはまる場合に、アルコール依存症と診断されるとしています。

  1. お酒を飲めない状況でも強い飲酒欲求を感じたことがある。
  2. 自分の意思に反して、お酒を飲み始め、予定より長い時間飲み続けたことがある。あるいは予定よりたくさん飲んでしまったことがある。
  3. お酒の飲む量を減らしたり、やめたりするとき、手が震える、汗をかく、眠れない、不安になるなどの症状がでたことがある。
  4. 飲酒を続けることで、お酒に強くなった、あるいは、高揚感を得るのに必要なお酒の量が増えた。
  5. 飲酒のために仕事、付き合い、趣味、スポーツなどの大切なことをあきらめたり、大幅に減らしたりした。
  6. お酒の飲みすぎによる身体や心の病気がありながら、また、それがお酒の飲みすぎのせいだと知りながら、それでもお酒を飲み続けた。

(参照URL:アルコール依存症ナビ.jp – アルコール依存症の診断

あなたの大切な人に当てはまりそうな項目は、あったでしょうか?

アルコール依存症の彼氏、彼女との結婚を考えている方へ

あなたの彼氏または彼女が、すでにアルコールの問題を明確に抱えているという自覚がある方もいることでしょう。このまま付き合っていくべきか、それとも別れるべきか悩まれるかもしれません。別れることを全く考えていないにしても、これから先時間をともに過ごしていくとしたら…という想像はされるはずです。

アルコール依存の一番大きな問題は、本人が「自分自身をコントロールできない」という点にあります。コントロールとは、強制や支配といったような、何か大それたことではありません。良いコントロールとは、単に自分の意志で何かを始めて、それをうまく終わらせることができるかどうかにかかっています。

例えば、トレイの上に食べ物が乗っていて、それをうまく運べなかったらどうなると思いますか?
もしくは、例えばあなたが車に乗っていて、ハンドルや、アクセルやブレーキをコントロールできなかったら、どうなると思いますか?

何かをコントロールするということは、人生をうまくいかせるために、とても大切な要素なのです。

アルコール依存症の彼氏、彼女と別れる前のラストチャンス

飲酒欲求をコントロールできない人との人生は、大変困難なものになります。
しかし、相手を愛するがゆえに、「自分なら彼(彼女)を立ち直らせることができるかも」と思うことも事実です。

アルコール依存症の彼氏や彼女を持っている人たちが、もし何の悩みもないのなら、なぜ「大丈夫かな…」とよぎるのでしょうか。
それは、将来に確証がないこと、安定するかわからないこと、お酒の量は減るのか、仕事がまともにできるのだろうか…様々ありますが、それはすべて「わからない」という不安からくるのです。
そこにコントロールは存在しません。

以前はよく笑う人だったのかもしれません。よく一緒に外に遊びに行く人だったのかもしれません。責任感があった、ポジティブだった、やさしかった、暴力や暴言はなかった…
それを変えてしまったのはお酒です。彼、彼女が悪人だからしているのではないのです。
あなたが好きになったその人は、きっとお酒が入っていないありのままの彼、彼女だったはずなのですから。

ナルコノンは、アルコール依存に陥る前の、本来のその人を取り戻す手助けをします。

まだ諦めていないのなら、別れる選択をする前に、ナルコノンにご連絡ください。
次回のオンライン無料説明会&個別相談の受付日は、7月2日(金)19:00~20:00です。
顔出ししなくても大丈夫です。下記フォームよりご連絡くださいませ。