ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

音楽とドラッグの関係は切っても切れないの?


こんにちは、アユです。
突然ですが、私は音楽が大好きです。18歳を過ぎたころから、洋楽もたくさん聞くようになりました。
でもドラッグが原因となって、短い人生を終えるミュージシャンもたくさんいると知りました。今日は音楽とドラッグの関係についてのお話です。

ドラッグと音楽は良い関係だという迷信

こんなこと、聞いたことありませんか?

  • ドラッグを使うと、より一層芸術的な作品を作ることができる。
  • 彼の音楽が最高なのは、ドラッグでキメてるから。
  • 才能のあるアーティストは、ドラッグのひとつやふたつやってる。

などなど。実際、私も昔はそう思っていました。しかし、たくさんの間違った情報と

、うっかり興味を掻き立てられてし

まいそうながこういった噂の中に潜んでいます。

モダン・ジャズの帝王と言われるマイルス・デイビスという人がいました。

(マイルスのアルバム「Kind of Blue」のジャケット写真)

彼はヘロイン中毒であることで有名でしたが、そのキャリアを目覚ましいものにしていったのは、ドラッグを止めた後でした。マイルスは、自分を破壊していくドラッグを止めようと、何度も努力した人です。
彼は、ドラッグが音楽のためにならないこと、自分のためにならないことを知っていました。

ドラッグのための仕事 ドラッグのための音楽

ドラッグに溺れると、仕事も芸術も、そのドラッグを得るための単なる手段に変わっていきます。心も身体もむしばまれ、大好きな音楽どころではなくなっていきます。
みんな夢を抱いて芸術活動を始めたはずです。それがすべて、ドラッグや酒を手にするためのお金稼ぎとなり、それらを得るための人脈作りとなり、夢は絶望へと変わり果てます。

エイミー・ワインハウス (Amy Winehouse)

ジャニス・ジョプリン、エイミー・ワインハウス、ホイットニー・ヒューストンも…私の大好きなアーティストも、ドラッグやアルコールの中毒のためにで命を落としている人たちがいます。
たくさんの人がもっとその歌声を聴きたいと思っていたはずです。しかしドラッグは、こんなにも早く、残酷にその才能と命を奪ってしまいます。それを使うことの、いったいどこに正当性があるというのでしょう?

芸術とは、心に感じたことや考えたことを、自分なりに表現するものです。ドラッグは、その人らしさを壊してしまうものです。

ドラッグがミュージシャンを才能豊かにするという嘘

音楽や芸術作品が素晴らしいのは、それを生み出した人の才能が素晴らしいからにほかなりません!自分の才能を使って表現する…だから、芸術は素晴らしいのです。

薬物を使って感情を爆発させ、良い芸術作品ができあがるというのは、とんでもないまやかしです。
この世にいる誰もに、素晴らしい才能があります。それをできるだけ長く発揮して幸せに生きていけたら、それが一番だと思いませんか?

ドラッグやアルコールで、その人の芸術が素晴らしくなると思っている人がいたら、ぜひ教えてあげてください。
その人本来の良さと努力だけが、その芸術を素晴らしいものにするのだということ。薬物はそれを押し下げることしかしません。例外はないのです。

薬物やアルコールの依存の問題でお困りの方は、ぜひナルコノンにお電話ください。
これからの人生、あなたの才能を最大限に生かせる自分になれるよう、依存から抜けだすお手伝いをするのが、ナルコノンの仕事です。

043-4000ー193まで、お電話お待ちしています!