ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【代表ブログ】市販薬による薬物依存を疑うご家族へ【ODの恐ろしさ①】


市販薬の過剰摂取(オーバードーズ=ODと略されます)の恐ろしさについて、これから何回かに分けて書いていきたいと思います。

1つ目は合法であるという正当化。2つ目は無制限に購入できてしまうこと。3つ目はドラッグカクテルのひとつであるスピードボールになっているということです。
特に3つ目は、違法薬物使用者でも避けることがある、危険な使用法のひとつです。

正当化と無制限

日本において、覚せい剤やコカイン、大麻などの麻薬は違法ですが、医薬品を買うことは合法です。この事実が、市販薬をオーバードーズする人の正当化となる大きなポイントになってきます。

正当化とは、「誤っていることが、いかに誤っていないかを言うこと」です。
確かに、法を犯してはいないのです。しかしこの事実を使って「乱用しても間違いではない」という正当化を持ち込み、手を出しやすい理由になっていくという恐ろしさがあります。

また、事実上、無制限に購入できるということも懸念すべきポイントです。

オーバードーズに使われる薬の多くは、指定第2類医薬品です。指定第2類医薬品とは、日常生活に支障が出るほどの副作用の恐れがある医薬品を指し、薬剤師もしくは登録販売者が常駐している店舗であれば販売可能です。
販売するにあたり制限があり、通販サイトでも購入数の制限こそあれど、複数のサイトで買ったり、ドラッグストアをはしごしたりすれば、簡単に複数を入手できてしまいます。
ですから、事実上は無制限です。
これらの理由により歯止めが掛からず、やめにくさを生んでしまいます。

市販薬は、薬剤師の指導の下で、決められた用法用量を守って飲まなければなりません。これを守らなければ、医薬品による副反応などで健康被害が出た場合、救済の対応にはならないことも、覚えておきましょう。

ドラッグカクテル

ドラッグカクテルという言葉を聞いたことがありますか?これは、お酒のカクテルのように、異なる薬物を混ぜて使用することを言います。

その中でも、スピードボールと呼ばれるものがあります。これは、アッパー系ドラッグ(覚醒剤やコカインなど)と、ダウナー系ドラッグ(大麻やヘロインなど)を混ぜたものや、同時に摂取することを言います。
例えるならば、全力でアクセルを踏みながら、全力でブレーキを踏んでいる状態です。強烈な刺激を味わうことができたとしても、トリップしたまま戻れなくなることもあると言われています。
精神的にも肉体的にも、コントロールできなくなってしまうのです。

もしかしたら、「それは麻薬の話であって、市販薬の話ではないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これについては、次回以降に解説していきますね。

ナルコノンには、一緒に克服してくれる専門家がいます。そしてチームとなってあなたをサポートします。
解決策はあります。まずは悩まずにご相談ください。

    ご相談・お問い合わせフォーム

    すべての項目にご記入ください。なるべく早く折り返しのご連絡をさせていただきます。

    名前
    メールアドレス
    電話番号
    都道府県
    ご相談/お問合せ内容

    プライバシーポリシーに同意の上送信