ナルコノンジャパン

お問い合わせ・資料請求は

043-400-0193

お電話受付時間 : 24時間受付中

【代表ブログ】薬物依存と信用リスク~就業編①~


薬物依存で逮捕された場合、その後、就業できるのでしょうか?名前がバレてしまうのか?面接時に話さなければいけないのか?履歴書に書かなければならないのか?いろいろと気になる点を、ひとつずつ見ていきましょう。

ある有名大学卒エリートビジネスマンの話

海外の一流大学を卒業し、その後日本の有名企業に入り、その後、外資系金融機関にヘッドハンティングされた、という方のケースをお話ししましょう。

誰もが羨む、若くして手に入れたキャリア、堪能な語学、スマートなビジュアル…
彼には、そのすべてがありました。

満ち溢れる自信。
遊び方もおしゃれ。
選択肢に縛られない経済力。
仕事による大いなる充実感。

やはり、彼の人生はすべて満たされているようでした。

しかし、金融危機と世界的な不況に突如見舞われます。
これが、彼からすべてを奪っていきました。

仕事を失い。
経済力を失い。
自信を失い・・・。
遊ぶこともなく、自暴自棄になっていきました。

そんな時友人から、覚せい剤を勧められました。

「気分が楽になるよ」
「みんなやってるから」

ここから、彼は性と薬物に溺れていきます。

薬物に溺れて行った彼でしたが、幸いなことに、彼の語学力、ビジュアル、そしてキャリアの力は失われてはいませんでした。
世界的な不況の中でも、彼の信用は強力だったため、いとも簡単に再就職することができたのです。一見、薬物をやっていてもうまくいくように見えました。

しかし、失われた自信は取り戻せず、薬物の影響のために、仕事に大きな支障をきたすようになりました。結果、薬物の使用と所持で逮捕され、職を失います。
それと同時に、彼の持っていた信用も失われました。

エリートビジネスマンから薬物事犯の前科持ちへ

彼は逮捕されました。初犯なので、たいていの場合は執行猶予が付きます。彼もその一人でした。執行猶予が明けたあと、彼は薬物を断ち、再出発することを決断しました。

しかし、再就職できませんでした。

彼のキャリアも、堪能な語学も変わりはありません。
もちろんその頃には薬物の影響と、年齢を重ねていたこともあり、その外見には変化がありました。
しかし、再就職できない理由は、そこではありませんでした。

なぜなのでしょう?

面接時に犯罪歴を言ったわけでもありません。
履歴書に犯罪歴を書いたわけでもありません。
動けないほどに、健康が損なわれたわけでもありません。
その理由は1つだけでした。

彼の逮捕は実名報道されていました。

彼ほどの華々しいキャリアの中に、空白のある職歴の欄。
不思議に思った人事担当者が、名前と会社名でインターネット検索したのでした。
彼が薬物によって逮捕されたニュースが発見されました。
当然、採用されません。

これはデジタルタトゥーのようなものです。
(参照URL:IT用語辞典「デジタルタトゥー」より)

しかし、彼は再就職をようやく達成することが出来ました。
それは次回のブログで公開しましょう。

薬物でお困りの方は、ナルコノンへご連絡ください。

    ご相談・お問い合わせフォーム

    すべての項目にご記入ください。なるべく早く折り返しのご連絡をさせていただきます。

    名前
    メールアドレス
    電話番号
    都道府県
    ご相談/お問合せ内容

    プライバシーポリシーに同意の上送信